工務店選びの豆知識

洗面化粧台、造作する?既製品にする?

工務店選びの豆知識
アーキホームライフ

今日は洗面台のお話。

最近、InstagramやRoomclipなどのSNSを見ていると、洗面化粧台や洗濯機周りまで生活感がなくおしゃれな空間にされている方をよく見かけます。あこがれますよね。

洗面台には大きく分けて、「造作洗面化粧台」と「既製品洗面化粧台」があります。

もう家を建て始めている方はどちらにするか迷われている方も多いのではないでしょうか?

今日はそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

 

造作洗面化粧台

こちらの写真はスタイルハウスさんで建てたお家の洗面所。

ホテルのようなシックな雰囲気がとても素敵ですね。こちらは造作の洗面所だと思われます。

造作洗面化粧台とは家に合わせて、ひとつひとつ手作りで作られる洗面のこと。鏡や洗面ボウル、カウンターの素材、配管の素材、収納まであらゆるものをカスタマイズして作ることができるので、唯一無二の洗面化粧台を作ることができます。

デメリットは、既製品よりの値段が高くなることや完成品を見てから買うわけではないので、完成後「思っていたのと違う!!」となってしまう可能性があることが挙げられます。

写真を見せたり、絵を描いてみたり、自分の頭の中のイメージを正確に伝えることが大切になりますね。

また、ついつい造作洗面では見た目に意識が行きがちですが、使い勝手や掃除のしやすさ、収納力の部分もよく考える必要があります。

洗面ボウルと蛇口の相性が悪いと、水が想像以上に飛び散ることがあったり、洗面ボウルとカウンターの継ぎ目のメンテナンスが大変だったという失敗がよく聞かれます。

この辺りはプロの意見をよく聞いて後悔のないものにしたいですね。

洗面化粧台

つづいて既製洗面化粧台について。

こちらは工場などで作られて完成した洗面台を家に取り付けるイメージです。

(写真はLIXILからお借りしました。https://www.lixil.co.jp/lineup/powderroom/oft/

既製品のメリットは収納力・掃除のしやすさ、高い耐久性などが挙げられます。メーカーで作られたものですから使い勝手がよく研究されているのですね。また保証がある安心もあります。

また、現物を見て、使って選ぶことができるのもうれしいポイントです。

デメリットは個性が出しにくいところや「既製品感」が強いものを選ぶと生活感が前面にでる可能性があることが挙げられます。

また、サイズなどが決まっているので、間取りによっては無駄なスペースができたり、欲しいと思ったものが使えない可能性があります。

お値段は一般的なものでしたら造作よりお安いですが、デザイン性にこだわったものなど、高価なものも販売されています。

 

造作と既製品の違い、それぞれのメリットとデメリット、ご理解いただけましたか?

自分たちの暮らしにあう、素敵な洗面台を手に入れてくださいね!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

お家の相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店

〒664-0027兵庫県伊丹市池尻4-1-1

イオンモール2階

TEL072-744-0490/フリーダイヤル0120-968-336

 

ネットでの来店予約はこちらをクリックしてください♪

お問い合わせフォーム

(担当:為広)

 

関連記事