工務店選びの豆知識

吹き抜けのある家に住んでみて思うこと

工務店選びの豆知識
吹き抜け

登録住宅会社100社以上!中立公正な立場であなたの家づくりをサポートする工務店選び.com byおうちの相談窓口です!

 

本日は私が、「吹き抜け」のある家に住んでみて思うことを書きたいと思います!

「吹き抜け」といっても、我が家は大きくないので、スケルトン階段とその横少しだけが吹き抜けになっている感じです。

大きくても、小さくても吹き抜けは吹き抜け。

吹き抜けを採用しようか迷われている方の参考になればと思います!

 

❶吹き抜けのおかげで1階が明るい!

我が家は旗竿地に建っていて、周囲を住宅に囲まれています。

そのため、吹き抜けのおかげで1階が明るいです!

吹き抜けが無かったら、1階はどうなっていただろう…と思うので、我が家の場合は他のどんなデメリットを差し引いても吹き抜けにして良かったと思います。

我が家のように、吹き抜けやスケルトン階段は上からの光を階下に届けるのが得意です。

住宅密集地での家づくりには心強い味方ですね!

 

❷吹き抜け、寒さ暑さは…

我が家は高断熱・高気密ということで、1台のエアコンで家中全部暖めたり、冷やしたり出来ます。

熱い空気は上へ、冷たい空気は下へ、という自然の流れを利用して夏場は2階のエアコンを、冬場は1階のエアコンを稼働させます。

吹き抜けがあって家中の室温が一定になればいいのですが、一定とはいきませんね。

エアコンのある部屋は寒いけど、エアコンから離れると少し暑い…というような違いは出てきます。

ただ、家全体が不快だと感じるほどの温度にはならないので、吹き抜けで2階から1階へ冷たい風が吹き下りてくる...というようなことはありません。

吹き抜けの暑さ・寒さ・エアコンの効きにくさ問題は、吹き抜けの問題というよりも家全体の気密性、断熱性の問題になってきます。

吹き抜けを作る場合には、性能にこだわって建ててくれる住宅会社を選ぶ必要がありますね。

 

❸吹き抜けの「音」「におい」問題

吹き抜けの「音」問題ですが、本当に音はよく聞こえます。

2階と1階で普通に会話できます(笑)

今は娘が小さいので、1階で用事をしていても、2階で遊んでいる音で気配を感じられたり、話しかけられても答えたり出来るのでとても便利です。

ただ、娘が成長してくるとどうでしょうか…「パパのテレビの音で勉強に集中できない!」とかいうかもしれませんね💦

ずっとこの家で育てば、慣れるかもしれませんが。

 

「音」について、吹き抜けはやっぱり良く聞こえます。

音に敏感な家族がいる、静かな家にしたい、という方は避けておいた方が後悔がないかと思います。

私は、音について先々少し不安はありますが、現時点ではどこに居ても家族の気配を感じられて安心感があり、後悔はありません。

 

つづいて、「におい」問題ですが、我が家はLDKが2階にあるので、2階の匂いが1階まで行くということはありません。

これは1階がLDKで2階が寝室という間取りだとまた変わってきそうですね。

 

 

私が「吹き抜け」のある家に住んでみて思うこと、ご紹介しました。

我が家は❶で書いたように、1階に光を落とすために吹き抜け必須でしたので、作って良かったです◎

みなさんの参考になれば幸いです!

 

工務店選び.comはあなたの家づくりを応援しています!

■私にぴったりの工務店ってどこだろう?

■予算内の工務店あるかな?

■○○工務店ってどうですか?

などなど、工務店選び、家づくりに関するお悩みはなんでもお気軽にお問い合わせください!

お待ちしております!

>>お問い合わせフォーム

 

関連記事