工務店選びの豆知識

気密と換気

用語解説
気密と換気

こんにちは。皆様の安心で快適な家づくりをお手伝いする
「おうちの相談窓口」です。

全て無料で、家づくりの相談からライフプランニング、建築会社のご紹介までお手伝いさせていただいておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

 

本日は、最近「断熱」とともによく耳にする、

「気密」についてのお話です(^-^)/

 

 

「気密」とは・・・

家の隙間をできるだけ無くし、

家の中と外の空気の交わりを断ち切ること。

 

「気密性能」とは・・・

家の隙間の小ささを表す性能

のことです。

 

難しい数字のお話になりますが、

気密性能はC値という数値で表わします。

 

このC値ですが、〇cm2/m2と表わし、
家の床面積に対して、どのくらいの隙間があるのかを
知ることができます。

ですので、C値は0に近ければ近いほど

「機密性能が高い」ということになります。

 

基準はどうなっているかといいますと・・

長期優良住宅に認定される基準で

☆一般的な地域では5.0c㎡/㎡以下

☆寒さ・暑さが厳しい地域では2.0c㎡/㎡以下

と決められています。

 

(これは、JISでも定められた測定方法があり、
その測定によって隙間の大きさを出すことが出来ます。)

 

 

基準は上の数値ですが、「高気密です!」とうたっている

メーカー、工務店では0.5以下という数値の家も建てられています。

 

「気密性能」とはなんのことか

わかって頂けたでしょうか??

 

では、気密性能が高いことのメリットはなんでしょうか?

1番わかりやすいのは、

冷暖房の効率がよくなるということです!

 

冬は暖かい空気、夏は冷たい空気が家から逃げるのを防いだり、

反対に不快な外気が入ってくることを防ぎます。

その結果、冷暖房の効率が非常によくなり、

気密の良い家では、少し大きめのエアコン1台で家全体が快適といったうれしいことが起こるのです。

 

でも、気密性能の高い家って息苦しそう・・・

こんなふうに感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この疑問も良く分かります。

そのため、気密性能が高い家には

「計画的な換気」が重要になってきます。

 

外気をフィルターで綺麗にしてから、室内へ

そのときに熱交換や調湿もしてくれる

ハウスダストやチリ・ダニなどを一緒に室外へ排気

 

こんな換気システムを付けられるお客様が増えています。

このシステムがあれば、気密性能が高いからといって、

こもったような家になるのではなく、

いつでも家全体が適温で、空気が綺麗な快適な家になるのです。

 

換気システムによっては、C値が○○以下じゃなければ、使わないでください。

といったきまりがあるものも多く、換気システムの効力を最大限に活かす為にも、気密は重要だということも良く分かります。

 

また、気密性能を高めることによって、

白アリや柱・土台を腐らせる原因となる「壁内結露」という現象

を防ぐことができ、家の寿命を長くすることにもつながります。

 

(「壁内結露」とは・・・特に冬場、家の中の空気は、加湿器を使用したり調理をしたり入浴をすることで、外の空気より多くの湿気を含んでいます。その水蒸気が隙間から家の壁の中に入ってしまい、壁の中が結露している状況のことです。冬場、窓が結露していることがありますが、それが壁の中でもおこっていると思うと、掃除も出来ないし恐ろしいですよね。。)

 

 

「気密」の大切さ、またそれと同時に「換気」も大切なことが

わかっていただけましたか?

 

 

一緒に安心・快適な家づくりをしましょう!

お悩みのお客様はぜひ相談窓口でご相談ください★★

 

お問合せ・ご来店予約はコチラから

お待ちしております。

 

(担当:為広)

 

関連記事