工務店選びの豆知識

専門用語「容積率」を解説します

用語解説
容積率

先日は皆様に「建ぺい率」についてお話しました。

 

 

本日は「容積率」について書きます。

 

 

納得して土地を購入することは、理想の家づくりの基本になります。

 

容積率とは

「敷地面積に対する延床面積の割合」のことです。

 

容積率を勉強しようとしたら、新たに「延べ床面積」という言葉が出てきましたね。建築業界、ほんとに難しい言葉が多いです。。

 

延床面積、聞いたこともある方も多いかとは思いますが。改めてご説明すると、「建築物の各階の床面積を合計した面積」のことです。

この延床面積、実はとても大切な数字です!!

建築面積100㎡では、平屋なのか2階なのか分からなければどんな大きさかわかりませんが、延床面積100㎡といえば数値で生活できるスペースがどんな大きさなのかをはっきり把握することができます。

(吹き抜けなどは床がないので含まれません。)

 

 

話を容積率にもどしますね。

 

容積率とは

「敷地面積に対する延床面積の割合」のこと。

簡単に言うと、敷地の何%くらいが床面積なのかということです。

敷地が100㎡の土地に延床面積100㎡の家を建てた場合、容積率100%ということになります。家を3階建てのように上に伸ばしていけば100%を超えて、150%ということも普通にあります。住宅街で多いのは160%~200%くらいです。

 

容積率、ご理解いただけましたか?「容積率」「建ぺい率」はセットで覚えておくととても便利です。

しっかり理解して、土地を買ったものの思い描いていた家が建てられない!なんてことにならないようにしましょうね。

_______________________________

伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、家づくりのご相談をお受けしています。

◆当社のサービス内容についてはこちら

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらから。

(担当:為広)

 

関連記事