工務店選びの豆知識

工務店とハウスメーカーのちがい

用語解説
工務店

「そろそろマイホームを建てたいな」とお考えのみなさま!

家がほしい!と思ったらまずなにをされますか?

とりあえず「住宅展示場に行こうかな」という方も多いのではないでしょうか?

 

待ってください!!

 

 

いきなり「住宅展示場」に行くのは危険です!

何もわからないまま、営業されて、早々と契約するとせっかく自分で建てる家なのに後悔するポイントがたくさん。。

・・・なんてことになりかねません。

 

「家が建てたい!!」と思ったらまずはお家の相談窓口に相談です★一生に一度の家づくりはプロと一緒に、納得しながら進めましょう!

 

_______________________________

 

本日は、そもそも、工務店とハウスメーカーなにが違うの?というお話です。

 

「工務店」というと地域密着型で小さな会社。というイメージを持つ方も多いかと思います。

 

ですが最近は「小さな会社」という説明だけではまとめられなくなっています。

工務店でも本社の他に支店を持っていたり、営業活動を積極的に行い、ハウスメーカーと同じようにモデルハウスを設けている工務店もあります。

 

・・・では一体どんなところがハウスメーカーと違うのでしょうか?

 

 

それは間取りや設備、プランの自由度や施工の品質、アフターメンテナンスなど各項目ごとに比べるとわかりやすいです。

 

①間取りや設備、プランの自由度

工務店の場合、間取りや外観のデザインなど、施主と一緒に作り上げてくれます。床や壁も希望の素材があればそれを取り入れてくれることがおおいですし、造作でキッチンや洗面などを作ってもらうこともできます。

一方、ハウスメーカーは「注文住宅」といっても「自由設計型」や「規格型」といって決まった間取りから手を加えたり、標準仕様の中から設備を選ぶなどすこし制約があることが多いです。工務店と比べると少し自由度が低くなります。これは建てた後のメンテナンス制度などが確率されているため、標準以外のものを使うと保証やメンテナンスが難しくなるためです。

 

②施工の品質

工務店は職人の腕で出来に大きな差がでるため、しっかりと選ばないといけません。ハウスメーカーの場合は、建築資材の多くを現場でなく工場で加工することが多いので、仕上がりは均一になります。

 

③アフターメンテナンス

工務店のアフターメンテナンスは会社によって様々です。地域密着型の強みとしてなにか会ったときには駆けつけてくれるところもありますが、あまり小規模だと混んでいる時期などは待たされたりすることもあるようです。その点ハウスメーカーは長期にわたる定期点検や保証など制度化しているので安心感があります。

 

工務店とハウスメーカーのメリット・デメリット、おわかりいただけましたでしょうか?

新築をお考えの方も、リノベーションをお考えの方も、どうぞお気軽にご相談にいらしてください。住宅のプロがあなたにぴったりな建築会社をご紹介します。

伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、家づくりのご相談をお受けしています。

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
https://www.jkc-group.jp/

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。

https://www.jkc-group.jp/contact/

(担当:為広)

 

 

 

 

関連記事