工務店選びの豆知識

地震対策の3つの方法とは・・・

用語解説
耐震構造、免震構造、制震構造

 

 

地震大国である日本。

特に東日本大震災後は、地震に対する恐怖が常に人々をおびやかしています。

マイホームを建てる時にも、デザイン性や機能性はもちろん気になるけれど、一番大事なのは「もしもの地震の時に、家族を守ってくれる強い家かどうか」と言うことではないでしょうか?

わたし達も、お客様から「耐震構造」についてお尋ねされる機会が多々あります。その時の表情は、みなさんとても真剣です。それほどに地震は日本人にとって身近な脅威なんですね。

そんな地震からわたし達を守る日本の技術・建築工法。

よく耳にする耐震構造だけではなく、免震構造制震構造があり、3つの方法で住まいそして家族を、地震の際は守る事ができます。

 

 

 

耐震構造、免震構造、制震構造

①耐震構造

文字通り地震に耐えるという方法で、建物の強度を高めて揺れに抵抗します。具体的な方法としては筋交いの入った耐力壁を用いたり、部材を補強金具などで固定したりして、建物を強くします。

※筋交いとは・・・建物を強くするために、柱の間などにななめに交差させてとりつけた木材。

 

②制震

“制震”はダンパーなどの装置で地震の揺れを吸収するという考え方に基づいています。地震の揺れを吸収して力を軽減する装置を、壁などの中に設置する事によって地震から建物を守ります。

 

③免震

そして最後。免震は、建物と土地の間に装置を備えることで、揺れを建物に伝えないようにする方法です。簡単にいえば耐震地震力を受けても耐えることを指し、免震はそもそも地震力をなるべく受けない(=免れる)ことを指します。

 

いかがですか。イメージ出来たでしょうか?

それぞれ特徴が違い、違う角度から地震と向き合っているといえるでしょう。(コストは一般的に免震>制震>耐震の順になります。)

 

地震をただ恐れるだけではなく、備えを完璧にして、いつ来るかわからない事態に冷静に対応できるように心がけたいものですね。

 

 

 

 

 

 

耐震構造、免震構造、制震構造

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おうちの相談窓口イオンモール伊丹昆陽店では、伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、主に注文住宅をお考えの方の、家づくりのご相談をお受けしています。

家づくりの相談から資金計画、住宅ローンのご相談、建築会社のご紹介まで、全て無料でお手伝いさせていただいておりますので
どんなことでもお気軽にご相談ください。 

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
https://www.jkc-group.jp/

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。

https://www.jkc-group.jp/contact/

(担当 反町)

 

関連記事