工務店選びの豆知識

防火地域、準防火地域・・・家を建てるには?

用語解説
防火地域、準防火地域

 

防火地域、もしくは準防火地域という言葉、聞いたことはありませんか?

建物が密集する都市部において、万が一、火災が起きてしまったときに、できる限り延焼しないようにという目的で”都市計画法”によって定められているのが、この「防火地域」と「準防火地域」です。

 

これらの地域では、建築基準法によってそれぞれ建物の構造や材料に制限があります。

他の地域に建てるよりも一般的にコストがかかることも知っておきたいポイントです。

 

 

防火地域、準防火地域

・・・防火地域・・・

3階建て以上の場合もしくは延面積が100平方メートルを超える建物を建てる場合

「耐火建築物」にすることが義務付けされています。

 

 

※耐火建築物とは、一般的には鉄筋コンクリート造の建物のこと。しかし最近では、木造の耐火性能が向上したことで、一定の耐火性能を有するとして国土交通大臣の認定を受けていれば、木造住宅も可能。

1階、2階建てで延面積が100平方メートル以下の建築物である場合

「耐火建築物または準耐火建築物」にしなければならないという制限があります

 

 

※「準耐火建築物」とは、「耐火建築物」までではないものの、壁や柱、床、梁(はり)といった建物の構造物を国土交通大臣が定めた構造方法でつくり、窓や扉といった開口部は火災の延焼を防ぐ防火戸にするといった、防火対策が施された建物のこと。

 

 

 

 

 

・・・準防火地域・・・

「防火地域」の外側に、広範囲に広がるのが「準防火地域

4階建て以上、または延面積が1,500平方メートルを超える建築物

「耐火建築物」にしなければならない。

 

 

※延面積が500平方メートル以下なら、一般的な木造2階建ての他、防火上の技術的基準を満たしていれば木造3階建てもOKです。

 

 

どの地域に住んでも防災は気になる点ですが、建物が密集する地域においては特にそうです。

自分の住まいを検討するときには、計画地がどの地域に指定されているのかを、あらかじめ確認しておくことが大切ですね!

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おうちの相談窓口イオンモール伊丹昆陽店では、伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、主に注文住宅をお考えの方の、家づくりのご相談をお受けしています。

家づくりの相談から資金計画、住宅ローンのご相談、建築会社のご紹介まで、全て無料でお手伝いさせていただいておりますので
どんなことでもお気軽にご相談ください。 

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。
https://www.jkc-group.jp/

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。

https://www.jkc-group.jp/contact/

(担当 反町)

 

関連記事