工務店選びの豆知識

ウィンドトリートメント、大切です。

用語解説

 

みなさん、こんにちは。

おうちの相談窓口です。

毎日雨で洗濯物が困りますね・・・

と言いながら、我が家は年中部屋干し派ですcheeky

山沿いに家があり、ベランダには虫がいっぱい・・・

虫嫌いな私は、怖くて外には干せませんno

 

そんな我が家ですが、この前シェードを新たに付け替えました。

それまで西陽に悩まされていましたが、今年の夏は快適に過ごせそうでホッとしていますsmiley

 

 

みなさんは今のウインドトリートメントには満足されていますか?

 

 

 

 

カーテンの歴史

 

 

ウィンドトリートメントの代表格、カーテンの歴史は古く、古代エジプト時代に洞窟の出入り口を動物の革などで覆ったものが起源と言われています。

また日本では、奈良時代から絹織物の衝立や竹のすだれのようなものがあり、現代のカーテンのような役割を果たしていたと言われています。

 

しかし歴史自体は古いのですが、相当長い間、カーテンは贅沢品であり、上流階級の使用するものでした。

一般に普及したのは、戦後のことです。

昭和40年代にオイルショックがあり、省エネ意識がカーテンの需要を伸ばしたのです。

 

 

 

主なウィンドトリートメントの種類としては、以下のものが挙げられます。

 

カーテン・・・左右に柔軟に開閉するので、出入りのある窓に最適。

ドレープとシアーの二層使いで、昼夜の採光・遮光を調節することができます。使用出来る生地が豊富にあり、装飾性にも富んでいる。

 

ローマンシェード・・・上下に開閉する。カーテンよりスッキリと見て、ロールスクリーンなどに比べると柔らかな印象。ドレープとシアーの二層使いが出来るタイプのものもある。選べる生地も多く、装飾に富んでいる。

 

スクリーン・・・すっきりとシンプルな印象。特にロールスクリーンは機能的なので、キッチンや間仕切り、収納スペースの目隠しとしても使われる。透け間のあるものとないものの2層使いが出来るライプがあるほか、調光スクリーンやハニカムスクリーンなど、特別な機能に優れているものもある。

ブラインド・・・スラットの開閉で細かく調光できるのが最大の特徴。アルミ性のものは水にも強く、バスルームなどにも使用出来る。カーテンに比べるとデザインのバリエーションは少ないが、シャープな機能美があり、ウッドタイプは人気。

 

 

 

ウィンドトリートメントを選ぶ時のポイントとしては、部屋全体をイメージして選ぶことyes

窓の大きさや天井の高さ、床や壁の色、家具や照明などインテリア全体を思い描くと、窓をどのように飾りたいかが見えてきます。

また、新築やリノベーションの場合は、それらを設計の段階から計画し、施工者や工務店に相談しておきましょう!

下地や電気配線などがベストな場所にあれば、より機能的で美しい空間を作ることができますsmiley

納得のいくウィンドトリートメントで、より一層素敵な暮らしを手に入れましょう♪

 

…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。……。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…oо○**○оo。…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…

 

 

おうちの相談窓口イオンモール伊丹昆陽店では、注文住宅でおうちを建てる事を検討中のお客様を対象に、あらゆる疑問・悩みに無料で相談を受け付けております!

ぜひお気軽に足をお運びください。

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。!

当社のサービス内容についてはこちらまで!

お問い合わせはこちらまで!

(担当 反町)

 

 

 

関連記事