工務店選びの豆知識

準防火地域で家を建てる。注意点と意外なメリット

用語解説
準防火地域

工務店選び、住宅相談専門店の工務店選び.combyおうちの相談窓口です!

突然ですが、みなさま「防火地域」「準防火地域」という言葉を聞いたことがありますか??

土地探しをされている方はもう聞いたことがあるかも。

本日は防火地域・準防火地域に家を建てる時の注意点と意外なメリットをご紹介したいと思います。

駅近エリア都市部で土地をお探しの方は必見ですよ◎

 

最近人気の過去ブログ

「ピットリビング」ご存知ですか?

洗面化粧台、造作する?既成品にする?

コチラも合わせてお読みください^^

 

 

 そもそも防火地域・準防火地域ってなに? 

日本では火事が発生したときに隣家へ被害が広がらないように、家にある程度の耐火性を持たせることが義務付けられています。

その基準は家や店が密集する都市部の方が高く設定されています。

求められる耐火性能レベルは4段階。

①防火地域 ②準防火地域 ③法22条区域 ④無指定

4つの中で一番高い耐火性能が求められるのが①の防火地域。

この防火地域に指定されているのは主要駅周辺の繁華街やビルが立ち並ぶような地域。あまり一軒家が建つエリアではなく、家探しではあまり関係のないエリアと言えますね。

気をつけたいのが②の準防火地域。

これは防火地域エリアの周辺に設けられた地域。

この辺りは住宅が立ち並ぶ地域ですので、土地探しをしていると気になる土地が出てくるエリアです。

駅近の便利なエリアですね。

(さらに準防火地域の周辺が③の法22条区域になっていることが多いです。)

 

 準防火地域に家を建てる時の注意点 

準防火地域に家を建てる場合、一般的な家に比べて高い耐火性能が求められるようになります。

耐火性能を高くするためには、窓を網入りガラスにしたり、シャッターをつけたりということが必要になってきます。

また、使える窓の種類が限られたり、大きな窓が作れないという制限も出てきます。

さらに、木造建築3階建ての場合、さらに高い耐火性能が求められ、費用が高くなりやすいと同時に、構造に使う木を見せられなかったりという意匠的な制限も出てきます。

耐火性能が高いということは住む人にとってもメリットですが、建築費用が高くなる・求めていたデザインができないことがあるというデメリットがあるということです。

 

準防火地域の土地を買う場合にはこれは必ず理解しておきたいポイントですね。

 

 意外なメリットとは? 

準防火地域に家を建てるってデメリットばかり・・・と思われた方に朗報です◎

2019年6月から建築基準法が改正され、

準防火地域の準耐火物件は建ぺい率が10%緩和される

ようになりました✨

都市部はもともと小さい土地が多いですから、建ぺい率が緩和されるメリットはとても大きいのではないかと思います!!

 

建ぺい率って?という方は過去ブログをお読みください★

関連過去ブログ

建ぺい率ってなに

容積率ってなに

 

準防火地域で家を建てる時の注意点、お分かりいただけたでしょうか?土地探しをしていると、難しい用語が出てくる場面がたくさんあります。「?」なままでは購入後後悔することになるかも。。。

おうちの相談窓口ではプロと一緒に家づくりを進めることができるので、「?」が出てくる度にご相談いただけます◎

ぜひおうちの相談窓口をご活用いただき、後悔のない家づくりにしてくださいねwinkyes

 

お問い合わせ・ご来店予約はコチラから

オンライン住宅相談もスタートしました

みなさまのご来店お待ちしております♪

 

関連記事