工務店選びの豆知識

「ハーフ吹き抜け」ご存知ですか?

用語解説
おうちの相談窓口

こんにちは^^おうちの相談窓口です!

工務店選び.comはおうちの相談窓口が運営している工務店選びの専門サイトです★

 

突然ですが「ハーフ吹き抜け」という言葉をご存知ですか?

吹き抜けというと、1階の天井・2階の床を設けず、上下を連続させた空間を作るということですよね。

縦の広がりが感じられることで、開放感のある空間になることが一番のメリットです。

また、各部屋へ光を届けるためにも有効だといえます。

ただ、大きなデメリットとして、床面積が減ってしまうということが挙げられます。

大きくゆとりがある家ならいいですが、30坪以下で子どもたちにも個室をつくってあげたいとなると、吹き抜けは勿体ないと感じる方も多いはずです。

 

吹き抜けの開放感に憧れはあったけど・・

うちは狭くて無理だな・・

 

そんな時に、ぜひご検討いただきたいのが今日ご紹介する「ハーフ吹き抜け」です!!

 

ハーフ吹き抜けは開放感はありつつ、床面積は無駄にしないのです!

天井高は他より高いけど、完全な吹き抜けではない。

これがハーフ吹き抜けです。

 

例えばコチラ↓↓

アイ工務店

アイ工務店の伊丹モデルにお邪魔したときのお写真です。

すこしわかりにくいですが、キッチン・ダイニングスペースよりも手前側、リビングスペースの方が天井が高いのがお分かりいただけるでしょうか?

完全に屋根までの吹き抜けではないのですが、これだけでもすごく開放感が感じられます◎

また、空間にアクセントがついてとてもおしゃれに見えますyes

 

気になる2階はどうなっているのでしょうか?

コチラ↓↓

アイ工務店

2階の他のスペースよりも数段上がった小上がりの空間ができています。

完全な吹き抜けとは違い、このスペースも十分に居住空間として使うことができますよね!!

 

このように、最近は単に1階・2階ではなく2階建てだけど、1.5階や2.5階があるスキップフロアのお家が増えてきている印象があります。

限られた坪数のなかで、いろいろな役割の空間を作るのにとても有効だと言えますね。

先日完成見学会にお邪魔したお家も、1階に奥様のお仕事部屋があり、その上に小上がりのリビングスペースがありました。

今までの固定概念では生まれなかった、奥様のお仕事部屋という普段の生活+@の空間ができていて、とても素敵でした^^

これもまた、注文住宅の醍醐味ですよね。

万人受けするように作られている建売住宅ではなかなかない間取りです。

 

うまく空間を利用して、家族の想いがつまったお家をかなえましょうね★

 

スキップフロアなどの空間活用が上手な工務店として、

写真でもご紹介したアイ工務店とアイデザインホームがあります。

過去ブログでもご紹介していますのでご覧ください♩

→ ■アイ工務店伊丹展示場がオープン! 

→ ■アイデザインホームさんの展示場見学に行ってきました!

 

おうちの相談窓口は皆様の理想の住まいの実現を応援しています!

 

 お問合せ・ご来店予約はコチラから 

 

お待ちしております♩

(担当:為広)

関連記事