工務店選びの豆知識

ストリップ階段に憧れる!

用語解説
ストリップ階段

こんにちは^^工務店選び.com byおうちの相談窓口です!

 

突然ですが、家を建てるならこれは絶対に取り入れたい!!というものはありますか?

私が最近気になるのは、「土間」「造作洗面」・・

そして本日ご紹介する「ストリップ階段」です!

次に家を建てるなら、この3つはぜひ取り入れたいとたくらんでおります。(笑)

 

ストリップ階段とは一般的な「箱階段」とは違い、「蹴込板」と呼ばれる段の垂直方向の板や手すりをつけるための壁がありません。

そのため、デザイン性が高いメリットに加え、通常の階段と比べて閉塞感がなく、光を透過させることができるため、暗くなりません。

 

リビング階段として、ストリップ階段を採用し、部屋のインテリアの一部のような魅せ方をすることもできますし、

玄関に土間と合わせてストリップ階段を設置している例なんかもおしゃれです✨

玄関に階段を持ってきても、暗くならないのが嬉しいですよね。

 

ストリップ階段を採用するうえで気を付けたいのが「費用」です。

ストリップ階段が標準仕様となっている工務店・ハウスメーカーはまだまだ少数派で、オプション料金がかかる場合がほとんどです。

ただ、その費用が各メーカーによってかなりバラツキがあります。

30万のとこのろもあれば、50万、80万のところもあるといった感じ。

一体この差額は何なのでしょう。。

もちろん一口にストリップ階段と言っても形状や使う素材が違うとかかる費用に差が出るのは当たり前ですね。

でも、それだけではないのです。

施工事例にストリップ階段を使った例が沢山出ているような工務店は、大きなロット数で仕入れており、比較的安価にストリップ階段を採用することができます。

その他、独自に階段を作るメーカーとのつながりがあるような工務店もお安く採用することができます。

オプション料金が高くなる傾向にあるのは、反対に、ストリップ階段を採用する例が少ない工務店・ハウスメーカーです。

小ロットでの発注になるため割高になるのですね。

 

このお話は、ストリップ階段以外の設備にも当てはまります。

A社とB社、どちらが安いかは人それぞれだということです。

人それぞれ、合う建築会社が違うということです。

こちらのやりたいこと(ストリップ階段など)の施工に慣れている会社を選ぶことが重要ですね。

 

おうちの相談窓口では、お客様のご要望をしっかりとヒアリングし、そのうえでお客様にぴったりな住宅会社をご紹介します。

闇雲に住宅会社の資料請求をするより、とても効率的にぴったりと合う住宅会社に出会っていただけます

 

>>お問合せ・ご来店予約はコチラから

 

お待ちしております♩

 

 

 

 

関連記事