工務店選びの豆知識

快適な家の必須条件「気密」てなに?

用語解説
気密

こんにちは^^おうちの相談窓口です!

住宅会社を探していると

「高気密・高断熱」

という言葉をよく目にしませんか?

断熱はなんとなくわかるけど、「気密」っていまいちよくわかりませんよね。

本日はその「気密」をできるだけわかりやすく、ご説明できればと思います!!

快適な家に住みたい方必見ですwink

 

そもそも家というのは、大きく分けて

屋根・壁・窓・床で構成されています。

それぞれをつないでいるわけですが、それぞれの継ぎ目に隙間ができているとどうでしょうか?

冬場はせっかく暖めた空気が外へ出ていき、外の冷たい空気が入ってきてしまいます。

夏場は涼しい空気が外へ出ていき、暑い空気が入ってきてしまいます。

 

「隙間風」という言葉もよく聞きますね。

これはその名の通り、家に隙間が多いせいで外の空気が入ってきてしまうのです。

 

つまり、「気密」というのはいかに家に隙間がないか、空気の出入りがいかに少ないか、というのを示す言葉なのです。

 

 気密性が高い=家の隙間が少ない 

 気密性が低い=家の隙間が多い 

 

ということ。

 

冬場、どれだけ暖房をつけても、頭は暖かいのに足元が寒いという経験はありませんか?

 

これにも気密が大きく関わっています。

自然と暖かい空気は上へと上がっていきますが、家に隙間があることで、暖かい空気が上がる分だけ、外の冷たい空気を家の中へ引きこんでいるのです。

暖めても暖めても寒いという悪循環になってしまうのですね。

これでは住み心地がよくないうえに、エコでもありませんね。

光熱費まで高くなってしまいますcrying

 

ここまでの気密の話を聞いていると、

「気密性が高い家ってなんだか息苦しそうだな…」

と思われた方も多いのでは?

そんな心配はありません。

住宅には24時間換気システムを導入することが義務付けられており、気密性が高い家ほど、計画的に空気を循環することが出来、結果的に換気がよくできる気持ちのいい家になります

穴の空いているストローでは空気がうまく吸えないのと同じで、家に隙間があるとうまく換気システムが作用しないのです。

 

 

最後に、購入する家の気密性能を確かめるポイントをお話します。

確認すべきポイントは「C値」です。

C値とは、換気性能を示す単位で「隙間相当面積」といい、延べ床面積に対しての隙間の面積を表した数字です。

難しい計算式は置いておいて、覚えていただきたいのは

「C値1.0以下が一つの基準」

ということです。

10年ほど前まではC値3.0や5.0の隙間の多い家が普通に建てられていましたが、技術の向上や意識の変化でかなり性能が上がってきているようです。

今後も性能が上がっていくことを考えるとC値1.0が最低ラインの基準だと思っておいた方がよさそうですね。

 

気密の基準となる「C値」ですが、実際に自分の家のC値がいくつになるかは建ててみないとわからない。というのも一つ覚えておきたいポイントです。

C値は計算で求められるものではなく、実際に現場で測定するためです。

 

そのため、C値を確認するにはこれまでにその住宅会社が建てた家のC値を参考にすることになります。

 

C値を聞いた時に、モデルハウスの数字だけを言う会社は少し注意。

モデルハウスは丁寧に作っているので、性能がよくって当たり前です。

わからないと言われたらちょっと考え物ですね…。

 

どれくらいの頻度で完成した家のC値測定をおこなっているかも、その住宅会社のC値に対する意識を確認するためにおすすめの質問ですね。

 

 

長くなってしまいましたが、「気密」についてお分かりいただけましたか?

住宅会社を選ぶときには平均のC値と気密測定の頻度、これは要チェックポイントです◎

 

おうちの相談窓口では、皆様の理想の住まいの実現を応援しています!

 

>>お問合せ・ご来店予約はコチラから

 

>>オンライン住宅相談もはじめました★

 

 

関連記事