工務店選びの豆知識

木造と鉄骨造

業界情報
木造

「地震に強い家にしたい」

「火災に強い家にしたい」

 

家を建てる時、だれしもそう思いますよね。

 

「木造は地震に弱いの?」

「鉄骨は火事に強いの?」

 

という質問を受けることが多くあります。

本当にそうなのでしょうか?

今日は木造と鉄骨造の耐震性と耐火性についてお話したいと思います。

 

まず耐震性について。

「鉄骨造の家より木造の家の方が地震に弱い。」

こう思われている方はいらっしゃいませんか?

確かに、柱一本あたりの耐えられる重さは鉄骨の方が大きいのですが、耐震性能は「柱と壁」で決まります。そのため、一概に鉄骨の方が強いとはいえないのです。

木造住宅も、従来の軸組工法の他に2×4工法が出てきたり、耐震金物が進化したことにより、耐震性は飛躍的に向上しています。

木造の住宅でも、耐震等級3(最高)を取得することが可能です。

「木造は地震に弱い」と思われている原因は、地震の報道でつぶれた木造一軒家をたくさん見ているからかもしれません。でもその倒壊している家は耐震基準の改正がされる前の1981年以前に建てられた住宅かもしれません。

耐震性は「木造か鉄骨か」で考えるのではなく、建築会社ごとの工法や制震材の有無などを確認する必要がありますね!!

 

火事

次に耐火性について。

確かに、鉄筋コンクリート造と重量鉄骨造は木造よりも倒壊しにくいといえます。

ただし軽量鉄骨は注意が必要です。

火災現場は1200度にもなるといわれていますが、軽量鉄骨は700度以上で曲がり始めてしまうのです。

木もすぐに燃えてしまうのでは?と思われる方も多いですが、実は周囲は燃えるけど、中心部分は炭化して燃え切らない特徴があります。

全焼した家でも木の骨組みだけは残っているのをニュースなどで見たことがあるのでは?

 

ただ、火災は家の中から発火するパターンの場合は家具や壁紙が先に燃えますし、隣家から延焼するパターンの場合は外壁や窓が重要になってきます。

枠組みというより、その他の設備が重要なんですね。そもそも火事にならない対策も必要です。(火災の死亡原因の多くは倒壊によるものではなく、一酸化炭素中毒です)

 

木造と鉄骨造の耐震性、耐火性に大差ないことがお分かりいただけましたか?

木造か鉄骨造かということにこだわらず、建築会社それぞれの工法や耐震等級などを確認することが大切ですね!

 

おうちの相談窓口は皆様の理想の家づくりを応援しています!

「住宅購入・建築会社選びに迷ったら、おうちの相談窓口まで!」

ご来店予約・お問い合わせはコチラから

関連記事