工務店選びの豆知識

2019公示地価、関西の動向は?

業界情報

 

みなさん、こんにちは。

おうちの相談窓口@イオンモール伊丹昆陽店です。

なかなか梅雨入りしませんが、今週末は雨のようです。

週末になると雨が降る気がするのは私だけでしょうかcrying

 

さて、本日は公示地価のお話です。

毎年3月に、国土交通省が発表し、トップニュースで報道される公示地価。

今年は3月19日に発表されました。

 

公示地価は同年1月1日時点における土地1㎡あたりの価格のこと。

 

全国約26.000地点を、各地の分科会に属する鑑定評価員(不動産鑑定士)が鑑定した結果を元に、土地鑑定委員会が最終決定したものです。

制度が始まったのは昭和44年。

(その背景には昭和30年代に全国で地価が7~10倍も高騰し、土地が取得難となった社会問題がありました。)

 

以来最も信頼性の高い数字として、

■不動産会社の査定

■銀行の不動産担保評価

 

などの参考材料になり、相続税路線価、固定資産性路線価

などを算出する基準となっていますenlightened

 

 

 

2019年1月1日時点の公示地価は、

全国平均では前年比1.2%(昨年0.7%)と4年連続の上昇。

住宅地は0.6%(昨年0.3%)

商業地は2.8%(昨年1.9%)

 

三大都市圏では住宅地も商業地も上昇基調を強めています。

今回特に目立ったのは、地方圏の住宅地が27年ぶりに上昇に転じたこと。

 

低金利政策で住宅が取得しやすい事に加え、外国人観光客の増加で店舗やホテル需要が高まる商業地の好調が牽引している事も一因ですsmiley

 

 

 

 

 

関西では、全国の商業地上昇率トップ10に大阪4地点、京都3地点が入りました。

関西の最高価格はミナミ・宗右衛門町の1.980万円/㎡。二位はキタの一等地・北区大深町。3位は中央区心斎橋筋。

勢いは2025年の万博まで続くと思われます。

住宅地では関西の上昇率1位は箕面市で、これは2023年完成予定の北大阪急行延伸の影響が大きいと思われます。

公示価格の上昇には公共事業とインバウンドが深く関わってきます。

 

今年は地価公示法施工50周年。

お住まいの公示価格を、一度チェックしてみられてはいかがですか?(公示地価は国土交通省HPで見られます)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おうちの相談窓口イオンモール伊丹昆陽店では、注文住宅でおうちを建てる事を検討中のお客様を対象に、あらゆる疑問・悩みに無料で相談を受け付けております!

ぜひお気軽に足をお運びください。

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。!

当社のサービス内容についてはこちらまで!

お問い合わせはこちらまで!

(担当 反町)

 

関連記事