工務店選びの豆知識

安い土地にはワケがある!?

業界情報
土地探し

こんにちは^^おうちの相談窓口です!

皆様家づくりは順調に進んでいますか??

本日は苦戦しやすい「土地探し」についてのお話です~

 

土地探しをしていると、だんだん探しているエリアの「相場」というのがわかってきますよね。

そんな時に、相場より安く土地が売り出されているのを発見するとつい飛びついてしまいたくなります。

なかなかいい土地に出会えず、行き詰っていると余計にです。

ただ、安いものにはやっぱり安いワケがあります。

「安い土地」を見つけたら、気を付けて見るべきポイントをまとめてみました◎!!

 

■土地の形がいびつ。

四角形の土地に比べて、三角形、多角形の土地は安く販売される傾向があります。

■土地が傾斜している。

図面上ではよくわからなくっても、見に行ってビックリ!土地が傾斜している場合も安くなりやすいです。

■旗竿地である

旗竿地とは、周囲を家に囲まれ、土地への入り口が細い旗竿のようになっている土地のことを言います。

 →旗竿地について詳しくはコチラ 

この場合も相場より安く販売されます。

 

 

このような、土地の形状に関することが原因でその土地が安くなっている場合、よく土地のことを理解して購入するのであれば問題ないと言えます。

三角形の土地に建てた方が唯一無二の面白い家になることだってあるし、日が入りにくい旗竿地でも中庭を作ったり、天窓を作ったりと、設計次第で心地良い家にすることが可能です。

設計次第ということは、設計力のある住宅会社を選ぶことがポイントになりますね!規格型住宅を販売している住宅会社ではオプションがかさみ、割高になってしまう可能性もあります。

 

さらにチェックしましょう!

■接道の条件が悪い

接道とは土地が面している道路のことです。

道路の幅が狭いと車が通れず、敷地外に駐車場を借りなければならないという場合もあります。

また、セットバックが必要な土地も注意が必要です。

→セットバックとは?

 

■地盤が弱い

もともと田んぼだった土地など、地盤が弱い土地の場合、安いと思って購入しても、高額な地盤改良工事費が必要になる可能性があります。ただ、地盤調査は基本的に土地購入後に行われるので、これを見極めるのは難しいと言えます。。

 

このような設計ではどうにもできないマイナスポイントもあるので必ずチェックする必要があります。

 

難しい土地探しですが、後悔のないよに、じっくりと考えて進めましょうね!

そして「?」「不安」が出てきたときは、いつでもおうちの相談窓口にご相談ください★★

家づくりはプロと一緒にが新常識。

安心して、納得しながら、進めていきましょう!

 

 お問い合わせ・ご来店予約はコチラから 

 LINE相談はコチラ★ 

 

お待ちしております♩

 

(担当:為広)

 

 

関連記事