工務店選びの豆知識

財形貯蓄で住宅購入

業界情報
財形貯蓄

こんにちは!おうちの相談窓口🏠イオンモール伊丹昆陽店です。

風邪が流行っていますね。

私の子供の幼稚園でも、先週は学級閉鎖になり、お休みを頂く事になりご迷惑をお掛けしました。。

そして、気になるのが新型コロナウィルスです。

感染者・死者の数も日々増えており、SARSのときを思い出します。

とにかくこれ以上感染が広まらないことを祈るばかりです。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

会社の財形貯蓄で住宅を購入することを考えている方は、多くいることと思います。

財形貯蓄を利用して住宅ローンを組む場合、一般の貯金と何が違うのでしょうか?

 

財形貯蓄とは

「財形貯蓄制度」とは、勤労者財産形成促進法に基づき企業が導入する福利厚生の一つ。

企業が毎月の給与から一定額を天引きして金融機関に送金を行うという、会社を通して貯蓄を行う制度で、加入は任意です。

財形貯蓄制度は誰にでも利用できるものではなく、個人での加入はできないため、勤務先がその制度を導入しているかどうかが制度を利用できるかどうかの分かれ道になっています。

財形貯蓄には、貯蓄の目的に応じて3つの種類があります。

 

一般財形貯蓄・・・使用する用途が限定されていない貯蓄

財形住宅貯蓄・・・自身が住む住居の購入や建設、リフォームなどの資金を貯めることが目的の貯蓄

財形年金貯蓄・・・老後の生活のための資金の貯蓄

 

 

■財形貯蓄制度を利用するメリットとは?

 

この3つの財形貯蓄制度の、どれもに当てはまるメリットの一つに、

「財形住宅融資」という制度を利用できるという点が挙げられます。

 

 

これは、住宅の購入、建築、リフォームを行う際に住宅金融支援機構から融資を受けることができる制度。

 

住宅を購入するときには大半の人がローンを組みますよね。

その場合、低金利で融資を受けることができるのです。

もちろん条件はあります。

■いずれかの財形貯蓄を1年以上継続していること、

■申し込み前2年以内に財形貯蓄の預け入れを行っていること、

■申し込み時点で財形貯蓄の残高が50万円以上あること、

■勤務先から住宅手当などの援助(負担軽減措置)が受けられること

購入に必要な費用の90%か、財形貯蓄の残高の10倍(最大4000万円)のいずれか低いほうの金額が融資限度額となります。

 

EX) 3000万円の物件を購入。財形貯蓄残高は200万円の場合。

 

購入に必要な費用の90%は、2700万円(3000×90%)

財形貯蓄残高の10倍は2000万円(200×10)ですから、

融資限度額は2000万円となります。 

 

 

それに加え、財形住宅貯蓄、財形年金貯金は税制面でのメリットがあります。

それぞれ元本550万円までにかかる利子が非課税になるのです。

(財形住宅貯蓄、財形年金貯金の両方を利用している場合は、その合計額が550万円以下であること)

550万円まで利子が非課税になる上に、低金利で住宅ローンを借りられると言うのは、とても心強いですね。

 

 

財形貯蓄制度のある会社にお勤めの皆様は、是非入っておくことをお勧め致します。

マイホームを考えだした時に、その選択にきっと感謝することとなると思いますよ♫

 

財形住宅金融株式会社のHP♫

住宅金融支援機構のHP♫

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

おうちの相談窓口イオンモール伊丹昆陽店では、注文住宅でおうちを建てる事を検討中のお客様を対象に、あらゆる疑問・悩みに無料で相談を受け付けております!

当社のサービス内容についてはこちらまで!

お問い合わせはこちらまで!

注文住宅・資金計画・工務店/ハウスメーカー選び

はおうちの相談窓口におまかせ!!

是非一度ご相談下さい。

(担当 反町)

 

関連記事